資格の話

はり師最低3年間はきっちりと勉強

Posted on: 12月 9, 2009

  • In: 資格
  • はり師最低3年間はきっちりと勉強 はコメントを受け付けていません。

はり師はな金属の針を使用して、ツボと呼ばれる神経を刺激して、人間が生まれ持っている自然治癒力を有効にする。主に病院などの医療機関や福祉施設などで障害者が社会活動に参加できるよう、様々なサポートをしています。栄養士は、実務経験を積むことで、より信頼性の高い栄養士としての実績を得ることができます規定時間以上になると栄養士の高級資格だ栄養士国家試験受験資格を得ることができるので、スキルアップすることができます。

18歳以上の知的障害者を対象に、就職支援や必要な訓練などを行っています。資格は規定はさまざまであり、パーツを規定に入れていない資格もあるようですが、たとえパートのホームヘルパーとして働いている場合でも、実務経験を数えます。

生活習慣病の増加に伴い、今後の活躍が期待されることが栄養士といっていいでしょう。また、誤嚥の対処法と人口呼吸の方法、心臓マッサージの方法など、緊急時に備えた対応についても学びます。

はり師として採用されれば、その配属先はさまざまなので、鍼灸院や専門の医療機関で最低3年間は、適切に現場調査をすることをお勧めします。
販売 求人

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。