資格の話

看護助手

Posted on: 10月 9, 2009

  • In: 資格
  • 看護助手 はコメントを受け付けていません。

看護助手看護師の補佐として、患者の身の回りの世話と、いろいろな業務としています。受験資格は、高校卒業後、指定の学校で3年以上の看護学课を修了した者、または指定された看護師養成所を卒業した人、仲間看護師免許を取得して3年以上の実務経験のある人、厚生労働省·文部科学省が定める基準を満たしている指定学校または養成所で2年以上修了した人などです。

変化する保険制度に対応しながら、正確な診療報酬請求ができ、様々なデータ解析能力を持つ、これまで以上に期待されるものです。資格取得は、厚生労働大臣指定の介護福祉士養成施設を卒業する方法と、国家試験を受ける方法があります。

公共機関ホームヘルパーの資格を取得すると、研修終了後、その団体の機関で働く義務が発生する場合が多いですが、民間の場合には、このような縛りがなく、資格取得後の進路が自由に選択できます。老人福祉施設は他にも、経済的な支援が必要な高齢者施設である特別養護老人ホームや短期入所ショートステイなどもあります。

実際に2006年に介護保険法が改正され、資格は5年ごとに更新私です。学校教育法の規定により大学に入学することができ学歴を有する者で3年以上の文部科学大臣が認めている大学や短大を卒業した人、または厚生労働大臣が認めたはり師養成施設を修了した者となっています。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。