資格の話

はり師の資格

Posted on: 10月 9, 2009

  • In: 資格
  • はり師の資格 はコメントを受け付けていません。

はり師の資格も「鍼灸院」を開業するために患者の症状に合わせて施術の幅が拡張されます。具体的には、理学療法、作業療法に入る前に、電気と温熱療法の処方をすることが多く、その時の状況などをよく聞くことをお勧めします。

雇用は大きく分けると、「在宅サービス」と「施設サービス」に分けられます。細かいところまで気を配ることができない場合は、心を読むことは難しいと思われます。特に、運動機能や行動、認知、感情、言語のすべての面で社会に対応することができ、読み取り、書き込み、計算などの考えの訓練に行きます。学習期間は約1ヶ月で1.5カ月であり、実機18時間、講義が12時間計30時間コース内容となっています。

作業療法士の資格所有者が強制的に加入させられるものではなく、あくまで加入は任意となっていますが、「社団法人日本作業療法士協会」に加入するには、まず自分が勤務している各都道府県の星”作業療法士会”に加入する必要があります。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。