資格の話

リハビリセンターなどどのような職場

Posted on: 10月 6, 2009

  • In: 資格
  • リハビリセンターなどどのような職場 はコメントを受け付けていません。

作業療法士の国家資格を取得して仕事をするときは、病院や老人福祉施設、リハビリセンターなど、どのよう職場といっても、必ず採用試験があります。外来看護助手は総合案内所で外来患者の診察とを案内したり、受付を終えた患者を診察と誘導して、検査が必要な患者を検査室に案内して、待合室の患者の世話をしています。

最近は、ホームヘルパー2級の資格を持つ人を採用条件に出している施設も多く、即戦力が必要とするものです。しかし、4年目には、臨床実習があり、これは日中しかできないため、これまでの仕事を休む必要が出てきますので、職場の理解が求められます。

入院患者は、身体の不調はもちろん、不安や孤独を感じる場合が多いので、看護助手と言う歩いてちっょと心配も非常に満足している感じです。

高齢者や障害者が入所して生活する入居または入所型施設、介護サービスを受けることができ通院型の施設、各家庭を訪問して介護サービスを提供する訪問看護、また、これらのサービスを兼ね備えた複合の施設、介護支援を必要とする仕事は幅広く、医療機関や行政機関でも需要が増えています。
介護 バイト

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。